facebook twitter

header_SocialLogoあなたのソーシャルネットワークでログイン

◀ トップページに戻る

ニュース詳細

学童保育、職員1人も可能

2018年12月25日

 政府は25日、地方分権改革の対応方針を閣議決定した。共働きやひとり親家庭の小学生を預かる放課後児童クラブ(学童保育)の運営に関し、自治体の自由裁量を拡大するのが柱。
 現在は国が全国一律で、1カ所につき2人以上の職員配置を義務付けているが、条例で1人に変更することも可能になる。2020年度ごろの実施を目指す。