facebook twitter

header_SocialLogoあなたのソーシャルネットワークでログイン

◀ トップページに戻る

ニュース詳細

景況感3期ぶりプラス 7~9月の大企業

2016年09月13日

 財務省と内閣府が13日発表した7~9月期の法人企業景気予測調査は、大企業の全産業の景況判断指数(BSI)がプラス1・9だった。プラスは3四半期ぶりで、前期に発生した熊本地震の影響が和らいだほか、訪日外国人などによる観光需要がけん引した。前回調査で見込んだプラス5・8は下回った。

 先行きは10~12月期がプラス4・9、2017年1~3月期はプラス5・0と見込んだ。財務省は「企業の景況感に慎重さが見られるが、緩やかな回復基調が続いている」との見方を示した。

 7~9月期の中堅企業のBSIは全産業でプラス0・9、中小企業はマイナス15・0でいずれも前回調査の見込みを下回った。