facebook twitter

header_SocialLogoあなたのソーシャルネットワークでログイン

◀ リリース&お知らせ一覧に戻る

リリース&お知らせ詳細

カテゴリ:ニュース

中学生対象に起業セミナー
東京青年会議所渋谷区委員会が渋谷で

2019年06月07日

 中学生諸君!
 今から社長になろう!
 東京青年会議所は、渋谷区の後援で中学生にビジネスや起業に関係する情報や学びを伝授するイベントを企画した。IT(情報技術)系ベンチャー企業が集積する渋谷を舞台に、セミナーやeスポーツ体験の機会を提供するというもの。中学生の段階から、将来の選択肢の一つとして“起業”を提案し、ITベンチャーの街、起業の街としての渋谷の活性化を目指す。
 “起業”を巡る教育は、大学や高校などでは実施される例も増えてきたが、中学生対象となるとほとんどないのが実情だ。しかし、「中学校で2020年からスタートする新しい学習指導要領では『生きる力』といったことがテーマとなっており、起業という“生き方”を紹介することにも意義がある」(高畑公志・東京青年会議所渋谷委員会副委員長)と判断した。
 イベントは6月9日に東京都渋谷区道玄坂の「Plug and Play Shibuya」で開くセミナーと6月29日にJR渋谷駅前の「ハチ公前広場」実施するビデオゲームを使った競技体験会「e―sports体験」で構成する。
 9日のセミナーでは金沢工業大学虎ノ門大学院の三谷宏治教授らを講師に迎え「ビジネスとは何か」や「お金が生まれる仕組み」「お金の集め方」「アイディアを形にする方法」「相手に伝わる“プレゼン方法”」などについて紹介する。
 29日は、eスポーツ大会への参加体験を通じ、通常のゲームとは違うeスポーツの世界を学ぶとともに、大会で賞金がでるメカニズムや行政・企業が支援する理由なども解説。ビジネスが成立する要件や起業のヒントを考える場とする考えだ。
 今回の一連のプロジェクトを推進する東京青年会議所渋谷区委員会では「渋谷ではIT企業をはじめとして多くのベンチャーが起業している。渋谷を舞台に中学生を対象とした起業関連のイベントを開催することで、将来の選択肢の一つとして起業を考える機会を創出するとともに、渋谷で起業する人材を増やしていきたい」(鈴木大輔・東京青年会議所渋谷委員会委員長)という。
 東京青年会議所渋谷委員会では、来年以降もこうした取り組みを続けることにしており、「将来的には中学校におけるビジネスや起業に関する教育の普及も促していきたい」としている。

(写真は東京青年会議所渋谷委員会が実施した小学生向けイベント。青年会議所ではこうした教育関連イベントに力を入れている)