facebook twitter

header_SocialLogoあなたのソーシャルネットワークでログイン

Fuji Sankei Business-i on RSS

◀ 写真ニュース一覧に戻る

写真ニュース詳細

報道カメラ市場、五輪勝者は キヤノンVSニコン ソニーも下克上狙う

2019年07月15日

 2020年東京五輪・パラリンピックの開幕まであと1年余り。各競技での代表争いは熱を帯びてきているが、五輪のたびに注目を集める報道カメラのシェア争いも徐々に盛り上がりをみせている。望遠レンズの外装の色から“白黒対決”とも呼ばれる二大メーカー、キヤノンとニコンの戦いに、今回は白黒の“シマウマ”カラーが基調の望遠レンズを投入するミラーレス一眼の雄ソニーが割って入ろうとしており、こちらの動向も目が離せない。

 ◎全世界に宣伝効果

 夏冬の五輪は全世界にテレビ中継されるため、テレビに映るプロカメラマンの報道カメラの宣伝効果は非常に大きい。各メーカーもプロカメラマンに採用されるよう五輪に合わせフラッグシップモデルを投入し、決定的なシャッターチャンスを狙うプロカメラマンの高い要求に応えてきた。

 五輪のカメラマン席を二分するのが“白”のキヤノンと“黒”のニコンだ。

 “白黒対決”の歴史は古く、1964年の東京五輪でフィルム一眼レフ「ニコンF」がカメラマン席を席巻したニコンに対し、後発のキヤノンが80年代に入り頭角を現し、じわじわとニコンのシェアを侵食。両社のシェアは拮抗(きっこう)するまでに至ったが、決定的な変化が生じたのが2004年のデジタル一眼レフの使用が本格化したアテネ五輪だった。デジタル一眼レフ「EOS-1D MarkII」の導入でキヤノンがニコンを圧倒したのだ。その後、ニコンも盛り返してきてはいるものの、業界関係者によると、直近のシェアは6対4から7対3くらいでキヤノンがリードしているという。

 この熾烈(しれつ)な戦いに参入しようとしているのがソニーだ。ソニーはデジタル一眼のカメラ本体に反射鏡のないミラーレス機の中でも、大型画像センサーを搭載した「フルサイズ機」で大きく先行。高画質のフルサイズミラーレス一眼は、スマートフォンのカメラの普及で右肩下がりのデジタルカメラ市場でも数少ない成長株といわれている。大きな武器を売りに、来年の東京五輪・パラリンピックで存在感を示すことができれば、かつてキヤノンがデジタル一眼レフで実現した“下克上”も将来的に期待できる。

 ◎成長株ミラーレス

 ミラーレス一眼は、反射鏡が不要のため小型・軽量化できることに加え、シャッター音がないのも特長。スポーツ撮影の分野ではゴルフで大きな力を発揮している。マナーに厳しいゴルフの試合ではアドレスからインパクトの瞬間まで音を出してはならず、シャッター音のする通常のカメラ撮影はできなかった。一方、シャッター音のしないミラーレス一眼は撮影が認められており、多くのゴルフ大会でソニーの「αシリーズ」が使用されているという。他のスポーツでも緊張感がそがれるシャッター音を排除する動きが広がればミラーレス一眼の導入が一気に広がる可能性もある。

 ソニーは今年6月12日、プロ向けのスポーツ撮影に適した焦点距離600ミリの大口径超望遠レンズを発売すると発表。来年の東京五輪・パラリンピックでの使用を視野に入れたもので、「同型種では世界最軽量」とアピールしている。東京五輪・パラリンピックでは修理や調整などを行うプロカメラマン向けのブースも開設する方向だ。

 受けて立つ形の“二大巨頭”も黙ってはいない。両社とも五輪に向けた新商品を発表していないが、東京五輪・パラリンピックでゴールドパートナーとして協賛するキヤノンは、メインプレスセンターに最大規模のブースを設置するなど各国から訪れるプロカメラマンを強力にサポート。ニコンも「従来提供してきたサポートを提供すべく、現在、組織委員会と調整中」(広報部)としている。

 五輪は取材パスの数が限られており、「報道各社と付き合いの長いキヤノン、ニコンのカメラが優先される」(元五輪カメラマン)という事情もある。

 五輪のカメラ対決がソニーも加わった“三つどもえ”となるにはまだ早そうだが、東京五輪・パラリンピックがその足がかりとなる大会になるのか注目される。

写真のキャプション=
陸上競技100mのゴールで世界最速の男を狙うカメラマンたち